越谷市(春日部市、草加市、吉川市、松伏町)のやまざき矯正歯科クリニックです。治療の方法・装置のページ。

治療の方法・装置

装置の説明

矯正治療といえば、歯にギラギラしているものをつけるというイメージがありますが、今では目立つことのないような装置や方法が開発されています。

1 : 目立たないブラケット
歯の表に装置をつけますが、目立たないブラケットと白いワイヤーを用いればあまり目立ちません。
2: 裏側の装置
歯の裏側に装置をつけて治療を行います。
3 : 取り外しのできる装置
取り外しのできるマウスピース型の装置で治療します。

目立たない矯正

小児の矯正

小学校低学年くらいで(まだ乳歯があるうちに)一度矯正歯科医にみてもらうことが重要です。
その時点で明らかに歯並びが悪くなることが予想される場合や、あごの大きさに不正がある場合、あごの成長を利用して、早めに改善する必要があります。

成人の方でも歯を抜かないで治療することが出来る場合がございます。その場合次のような装置を使う場合があります。

1 : 側方拡大装置
歯並びを左右に広げて、隙間を作ります。
2 : 大臼歯遠心移動装置
奥歯をさらに奥に移動して隙間を作ります。
3 : 歯科矯正用アンカースクリュー(※)を用いた矯正歯科治療
歯を自在に動かすことができるので、難しい症例にも対応できます。

抜かない矯正

歯科矯正用アンカースクリュー(※)を用いた矯正歯科治療

骨に金属のねじを埋め込んで、それを固定源にする治療です。
(薬事法上、目的外使用となります。)

歯科矯正用アンカースクリュー(※)を用いた矯正歯科治療

1 : 患者さんの負担を減らすことができます。

2 : 歯を自在に動かすことができるので、難しい症例にも対応できます。

3 : 治療期間を短縮することができます。

4 : 歯を抜かないで治療する可能性が増えます。

(※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外になることがあります。副作用:う蝕の発現、歯周病の悪化、歯根吸収など)

TOPへ戻る